システム開発

主なカレントプロジェクトsplash_png_sfj

Our current projects
1.  CADシステムを元にした拡張カストマイズ(OCR、ラスターベクター変換、トレーシング、動画解析等)
2.  応用数学博士によるオートメーション・合理化・最適化・数学モデル作成・仕様コンサルティング
3.  ラジコン競技におけるコンピューターラップチェッカー
4.  最短経路エンジン計算
5.  ナンバープレート認識・登録システム
6.  監視カメラ&セキュリティシステム対応の機材構築、ソフトウェア開発、カストマイズ調整
7.  国産ソフトウェアのロカリゼーション(多言語対応)
8.  R/Cサーボモーターのコンピューター自動制御

2013年に新プロジェクトがスタートしました。2次元CADデザイナーシステムを元にした2つのパッケージ :1)JEWEL (ジュエル) 2)CRYSTAL(クリスタル)

JEWELは、合理化・パターン認識・応用数学解析・最適化アルゴリズム等を駆使したソフトウェアです。 メイン部分は2次元CADなので、図面・ラスター貼り付けなどは簡単にできます。 全てのWindowsに対応しており、1年以内にクロスプラットフォームへ移行する予定です。 拡張性に優れているので、マシーンアイ(動画キャプチャーによるデータ処理)、OCR(各エレメント並びにテキストのベクター化)などのカストマイズが可能です。 皆さんおなじみの2次元便利CADの各データ形式(UID,BVF,JWW)も読み込み可能です。

CRYSTALは、オートデスク社製オートCADのデータ形式(DWG)のコンバーター機能に特化したものです。 最新のバージョンからさかのぼって10年前のバージョンまでサポート可能です。

下記は、マシーンアイ(コンピューター自動制御)をテストした動画です(S.フラムコフ博士によるシステム構築)。 自動的にナンバープレートの位置が認識され、アライメント・フォーカスがコンピューターで調整されます。 次に、車両ナンバープレートの文字と数字がキャプチャーされ、テキストの形式でデータベースに追加されます。 映像が認識されたデータはコンピューターにフィードバックされることによりモーター制御が行われます。

Top